スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

062 【Specialist Column by尾﨑冨美】 『全米で約30億人に影響〜10月はEczema啓発月間』

全米で約30億人に影響を及ぼしているのにも関わらず、その存在感が薄いEczema(アトピー性皮膚炎)。日常生活への質が保てず、悩まされている方も多いであろう。アメリカでは10月がEczema啓発月間であることから、エステティシャンの視点よりその対策と予防について簡単に取り上げてみることにした。




Eczemaとは何か?日本語に訳すと、アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)、適切な呼び方ではアトピー性湿疹(atopic eczema)のことを示す。ギリシャ語の語源では “boiling over”(吹きこぼれる)と言われ、実際に湿疹で苦しんでいる人が、そのように症状を表現するであろう。時にはジクジクした激しい痒みを伴い、症状が改善されないまま、ぶり返すことが多い。湿疹の特徴としては赤みのあるものや、盛り上がりをみせたプツプツ、水分を含んだジクジク、しこりのようなゴツゴツやかさぶたなど。湿疹ができやすい部位として知られているのは顔、首や耳、脇、ひじの内側や外側、ももの付け根、ひさの表や裏など、個人差はあるが、年齢や性別を問わず、症状は様々である。人から人への伝染はない。 スイスのネッスレ研究所が2015年に発表された論文、”Atopic Dermatitis--Global Epidemiology and Risk Factors” によると、アトピー性皮膚炎は世界の人口の約20%の子供と約3%の成人に影響しているという。慢性病とも言われ、特定した原因は未だ解明されていないのが現状である。

上記症状から、日常生活面への質(Quality of Life=QOL)を保ちたくとも保てない人が多い。痒みの影響で睡眠時間が浅かったり、学校や職場などの世間の目から日常ストレスに及ぶ。アメリカにある啓発団体National Eczema Association (https://nationaleczema.org/)によると、4人に1人の子供が学校でいじめを受けて、精神的に苦しんでいるのが現状という。このように特定の原因が不明な症状や疾患には統合医療(Integrative Medicine) が注目される。医療システムや西洋医学だけでなく、東洋医学や日常の徹底したホームケアなども含んだ、患者にとって最良の恩恵を与えうる可能性を目標にケアをしていくことを目指す。

エステ…

最新の投稿

061【Specialist Column】by長井美有紀『ノーベル医学賞「体内時計」の元祖、「時間栄養学」から見るヘルス&ビューティーを予測』

060【Specialist Column】by長井美有紀『K-Beautyとして話題の“Glass-Skin”とは?』

059 【Specialist Column by尾﨑冨美】 『美容xセルフィーxミレ二アル女子が集う〜BeautyCon Festival Los Angeles 現地レポート』

058【Beauty TIPS】(Feature Article/Present)1汁美菜!ビューティーフード味噌汁でキレイをキープ 《Beauty Food》

057【Specialist Column】by長井美有紀「インナービューティーの先進国から最新トレンドをアナライズ!:スーパーフード・キヌア、コラーゲン、グレインフリー」《Beauty Food》

056【Beauty Tips】(Information) オーガニックビューティーとインナービューティーの2大トレンドを網羅!beaute d'OrリニューアルとそのBeauty Tipsとは?

055【Specialist Column by尾﨑冨美】 『全米最大のB2Bビューティーイベントへ~Cosmoprof North America Las Vegas 現地レポート』

054【Beauty Tips】(Event)オーガニックライフスタイルEXPOに、ワンランク上の美容ポータルサイトbeaute d'Orが出展! ~サイトリニューアルのお知らせ~